ホップとは | 堺市の放課後等デイサービス - NPO法人放課後クラブホップ | 2ページ

  1. TOP
  2. ホップとは

ホップとは

|

ロゴマーク

赤のわ こどもたち
子どもの元気な姿、みんなにとっての 太陽

黄色のわ 親
夜、肉眼では見えないけれど昼も存在している。いつまでも見守り続けている 月や星

青のわ 先生やサポートしてくれる人たち
子どもたちや親を大きく包んでくれる 大空

緑のわ お友達
ゆとりや癒しを与えてくれる 木々

茶色のわ 地域の人々
子どもたちが走りまわる 大地

赤のわは、子どもたちを表しています。
ホップの遊びを通して、子どもたちは泣いたり、
笑ったりしながら 毎日を過ごしています。
その子どもたちを中心に
黄色のわは 親
青のわは先生やサポートしてくれる人たち、
緑のわは お友達、
茶色のわは 地域の人々を表しています。
それぞれの人格が重なりあい、
共鳴しあうことで振動が生まれます。
その振動は、様々な人々の 心をゆさぶります。
その人々の支える力によって、子どもたちは いつか
それぞれのステップに向かって、
ピョンっと 飛び出していくでしょう。
その先には、様々な困難が 待ち受けていると思いますが、ホップで得た“心を遊ばせる力”を使って
「笑顔で力強く生きていってほしい」という思いを
このロゴマークに込めました。

デザイナー:ななめら 松本 紋佳